ピルはお酒で飲んでも大丈夫!?

お酒を飲む女性たち他のお薬の場合、お酒で飲むとそれぞれのお薬の特徴によって、作用が増大してしまい、副作用が強く出てしまったり、逆に吸収が阻害されることによってせっかく飲んだお薬の効果が弱くなってしまう場合があります。
そのため、お水や白湯などで飲むことが推奨されています。
しかし、ピルの場合はお酒で飲んだからといって、その効果が増大したり吸収が阻害されるということはありません。
ですので、お酒で飲んでも大丈夫です。

ただし、基本的には他のお薬と同様にお水か白湯でピルを飲むことをお勧めします。
その理由としては、副作用や吸収に関することよりもお酒を飲むことでピルを飲むことを忘れてしまう心配があることです。
ピルは、毎日同じ時間に1錠ずつ飲んでいくタイプのお薬です。
1回飲み忘れたとしても、翌日の飲む時間までに飲むことができれば問題ありませんが、ピルを飲むことが習慣付いていなければついうっかり忘れてしまってもおかしくはありませんし、多くの方によく見られるミスだと思います。
よくお酒を飲まれる方は、できれば時間をずらしてピルの服用時間を設定することでそのミスを防ぐことができますね。
もう一つ、お酒を飲み過ぎてしまった場合です。
吐いてしまうとせっかく飲んだピルは効果がなくなってしまいますので、飲み過ぎないことは重要です。

また、ピルの副作用に肝臓疾患があります。
お酒を飲み過ぎると、肝臓には大きな負担となり、長期的な飲酒の習慣で肝臓疾患にかかってしまうことはみなさんご存知なのではないでしょうか。
肝臓疾患にかかってしまうと結果的にピルを服用することはできなくなるため、お酒の飲み過ぎには注意した方が良いと言えるでしょう。
ピルを飲む理由は、避妊目的であったり、不快な症状を有する疾患への治療目的であると思います。
それは、毎日の生活を快適に送るためのエッセンスであり、より良い生活を送るために行っていることであると思います。

せっかくQOLを高めるために起こしている行動ですから、その効果が無となってしまわないように節度ある行動を心がけていってほしいと思います。
お酒が直接、悪いというわけではありません。
その行動次第で良くも悪くもなるということであり、それはご自身で選択することができます。
高いお金を払っているお薬ですから、経済的な意味だけでなくその効果を確実にするためにも、お酒を極端に飲みすぎることなく過ごすといいのではないかと思います。

ピルはグレープフルーツジュースで飲んでもいい?

ピルを飲む際に注意しなくてはいけないのは、グレープフルーツやグレープフルーツジュースです。
グレープフルーツの成分は、ピルの効果を高める作用があることが知られています。
したがって、副作用が強く出ることにもなりますので、ピルを服用する時にグレープフルーツジュースで飲むことは避けたほうが良いでしょう。
ただし、消化されてしまえば大きな問題になることはありませんので、グレープフルーツジュースが飲みたい時やグレープフルーツを食べたい時は消化される時間を考慮すればいいのです。
服用する時間の前後6時間を避ければ、消化されていると思われます。

せっかくですので、お薬を飲むことでその副作用を増強してしまわないように、しかし好きな食べ物や飲み物を無理に我慢しなくても大丈夫なら我慢しないでおきたいです。
今回のグレープフルーツのように、時間さえ気にしておけばいいのであれば、時間を変えて楽しめば良いのですし、グレープフルーツを絶対禁止にするような極端なことをする必要はありません。
なるべく生活の基準やパターンを変えずにいることはストレスを軽減することにもつながりますので、ピルを飲むことが負担にならないように、上手に使っていただきたいと思います。

シェアはこちら
google+TwitterFacebookハテナポケットフィード
ピルに関する記事はこちら