ピルを飲み始めたけど副作用が辛い…ピルのやめ方

低用量ピルを飲んでいて、避妊効果には満足しているものの副作用がつらいという声は多くの女性から聞かれます。
低用量ピルは女性ホルモン剤ですのでホルモンバランスを一定に保つことで排卵を防ぎ、妊娠を防止することが出来ますがホルモン剤を服用すると様々な副作用が出るケースがあります。
副作用にはむくみや吐き気、肌トラブルや頭痛、眠気といったものがあります。
こうした副作用は人によって個人差があり、ピルの種類を変更することで改善されることもありますが改善されないケースもあります。

その場合低用量ピルの服用をやめるという選択肢がありますが、やめ方としては体調が悪い場合はどのタイミングでやめても構いません。
むしろ体調が悪いまま飲み続けるほうが副作用が増したり辛い思いをしますので、身体がだるかったり吐き気やむくみがきついという方は服用を中止するのが良いでしょう。
服用するのをやめるだけですし、一定に保たれていた女性ホルモン量が体内で急激に変化しますので出血することがありますが、これはホルモンの変動によるものですので心配はいりません。

低用量ピルのやめ方として可能であれば飲んでいるシートを飲みきってから服用を中止する方法もあります。
これは副作用が穏やかな場合などにお勧めする方法で、1シート飲み終えてからのほうがピルも無駄になりません。
避妊効果も飲んでいる間は続きますのでできれば避妊効果は持続させたいという方は、飲みかけのシートは飲んでしまったほうが良いでしょう。

低用量ピルをやめたときには様々な体調の変化を感じることがありますが、これはホルモンバランスが元に戻れば起こらなくなることです。
生理が順調に来るようになれば元の状態に戻りますので、やめたときの一時的な症状として理解しておく必要があります。

低用量ピルを飲んでいると様々な副作用に見舞われることがあり、飲むのを辞めたいと考える方もいます。
多くの副作用は飲んでいるうちに身体が慣れてきてほとんど感じなくなるケースがほとんどです。
ホルモンバランスに身体が慣れるまでには日数を要しますし、望まない妊娠を避けることが出来ますので避妊には有効な薬と言えます。

しかし、どうしても薬を辞めたいという方は、任意のタイミングで薬を辞めても構いません。
薬を辞めたことによって出血が起こりますが正常の反応ですので、次の排卵を待っていればそれ以降妊娠することも可能です。

ピルを途中でやめたあと、再度服用するには

ピルを途中でやめた方が再度服用するためには、生理が来るのを待って生理の初日から服用します。
これは通常の低用量ピルを始める際と同じ方法で服用するだけですので、やめてから出血があり、その後排卵をしてから生理がありますので初日から服用すると良いでしょう。

新しい低用量ピルを試すときには、体が慣れるまでに時間を要することがありますので、数日間副作用に苦しむことがあります。
すぐに体が慣れて副作用を感じなくなることもありますので1シート目は様子を見て服用するようにしましょう。

医師の診断のもとで低用量ピルを服用している方は副作用がつらかった旨を説明すればピルの種類を変えてもらうことが出来ます。
最近は副作用が出にくい低用量ピルも人気でそれまでのタイプよりも様々な副作用が出にくくなっていますので、体調不良で一度やめた方は相談してみると良いでしょう。

副作用が出にくい低用量ピルは、女性ホルモンの含有量が少なめに入っているタイプですので不正出血などが起こりやすくなります。
その分不快な症状が起こりにくくなっていますので、そのようなタイプを医師に処方してもらって生理の初日から飲み始めることで、副作用の悩みも減少します。

シェアはこちら
google+TwitterFacebookハテナポケットフィード
ピルに関する記事はこちら