ピルを飲んでいてもコンドームで感染症を予防する

今はまだ妊娠をしたくない場合、避妊方法には様々なものがありますが、その中でも確実だと言われているのがピルです。
コンビニやドラッグストアで気軽に購入出来るコンドームも、避妊には欠かせないものではありますが、なかなか男性が着けてくれなかったり、女性も着けて欲しいという一言が言えないと、思うように避妊が出来なくなります。

コンドームのことで言い争うカップルピルは、1日1回、決められた時間に服用する事で、99.9%の確率で避妊が出来ますが、それでも妊娠をしてしまう可能性があります。
それは、飲み忘れや飲み始めの生理初日を間違えてしまう事で、計算がずれてしまうリスクがあるという事です。
やはり、ピルを飲んでいたとしても、確実に避妊をしたいという事であれば、男性にも協力してもらって、コンドームを着けてもらうようにしましょう。

また、コンドームは避妊以外にも、感染症を予防する効果が期待出来ます。
特にクラミジア感染症は、ピルを使う女性が増えたために、コンドームが使われない事で、女性に発症しやすい性病になります。
クラミジアにかかってしまいますと、局所の傷害のために、HIV感染を受けやすい状況となりますので、注意が必要になります。

女性の場合には、初期感染時には殆ど自覚症状が無いために、そのままにしておきますと、子宮頚管炎、骨盤腹膜炎などの大きな病気に掛かるリスクがあります。
ですので、ピルを飲んでいるから安心だと思わずに、きちんとコンドームも併用して着けた上でセックスをするようにしましょう。
また、クラミジアなどの感染症を確実に防ぎたいという事であれば、途中からコンドームを着けても意味がありません。

最初の挿入は生で行い、途中からコンドームを着けるカップルがいますが、粘膜同士の接触があるだけで十分にクラミジア感染を引き起こす可能性があります。
ですので、最初から最後までしっかりとコンドームは着けるようにしましょう。
また、性器が触れる行為の段階から着けるようにして下さい。
一番気を付けなくてはいけないのが、オーラルセックスでもきちんと着けないといけないという事です。

ピルはあくまでも、妊娠をしない為に飲むものであって、感染症を予防する事が出来る訳ではありません。
感染症を防ぐためにも、きちんと日頃から話し合って、コンドームは着けてもらうようにしましょう。
また、ピルだけ飲んでも、100%避妊できる訳では無いという事を、きちんと理解しておくことも大切です。

ピルとクラミジアに効く薬の併用

ピルは基本的に、飲み合わせに気を付けなくてはいけない市販薬はありません。
ですので、風邪や胃が痛いといった場合には、風邪薬や胃腸薬の併用が可能です。
ですが、飲み合わせる薬によっては、ピルの効果を弱めてしまったり、薬物相互作用が出る薬やサプリメントがありますので、事前に確認をするようにしましょう。

クラミジアに掛かった場合、治療出来る抗生物質は医師の処方なしでは購入する事が出来ません。
ですので、必ず婦人科を受診して、その際に薬を処方してもらう必要があります。
中には、どうしても婦人科に行きたくないといった理由から、インターネット通販を利用して、個人で輸入をする人がいますが、あまりにも危険な行為だと言えるでしょう。

海外製の医薬品は、服用をした事で起こってしまった副作用は、自分で責任を負わなくてはいけません。
医師がきちんとピルを服用しているという事を把握していれば、クラビット錠などの、一緒に服用しても問題ない薬を処方してくれます。
ピルを飲んでいても、セックスの際にコンドームの着用が無ければ、感染症に掛かるリスクが伴います。
必ずセックスをする際には着けてもらい、何かしら性器に違和感を感じた場合には、直ぐに婦人科に行くようにしましょう。

シェアはこちら
google+TwitterFacebookハテナポケットフィード
ピルに関する記事はこちら